Joomla Elements

portfolio

Joomla

Tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua. At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum.

Blog

日本全国対応

ユニカイハツ・ソフトウェア・プライベート・リミテッドは田舎を含む日本全国への対応に態勢が完全に整っています。我々が対応してきているお客様と営業所の場所は以下の通りです。

コスト・メリット

ユニカイハツ・ソフトウェア・プライベート・リミテッドは以下にてコスト・メリットを達成しています。


サービス


オフショア開発センターモデル

日系お客様のニーズと期待に答える経験を基づいて、デザインされたさまざまなオフショア・モデルで日系お客様が大幅な利点が手に入れることができ、開発コストをかなりの減少することができます。

日系企業へのインド国内支援

ソフトウェア開発のオフショア・アウトソーシングと日本語教育サービスの他に、日系企業とそのインド相手の間の橋渡しとしての幅広い役割を演じます。日本企業のインドとの関連がスムーズと困難でないように支援します。


Advantage INDIA(アドバンテージ・インド)


インドはオフショア・アウトソーシングのソフトウェア業界で世界中で優先された国の中の一つです。それを正当化する理由は以下の通りです。

教育システム

インド教育システムは、技術知識とコミュニケーション・スキルの特徴な融合を提供しております。世界中で最高級な才能あふれたソフトウェア・プログラマーを作り出している。インド人の技術キルは世界中で尊敬されており、認められています。

最高の人材が安い価額で

マンパワーを中心にすると、インド人は明らかに最高率の才能があります。それも、とても安い価額で。他の先進国に比べたらインドの給与水準が安いです。まとめて、才能とコスト・メリットを一緒に企業を引き付ける役割を果たす。それとともに、学習意欲と変化への順応性が高いとのこともあり、とても魅力的な選択になります。

資本

インドはインフラ・コストが安いとのことで、かなりの節減ができます。 インフラ 外国企業にとって有利なインド政府政策は大きな利点である。インドへの投資とても簡単になってきており、IT業界を特恵されています。

結論

まとめて言うと、ユニカイハツ・ソフトウェア・プライベート・リミテッドはインド生まれ日本式の会社として、日本業界にかなりの支援を提供する資格があります。

品質

過去20年にわたる日本でのビジネスを礎に、我々が高品質のことをぎっしり理解しております。最初からお客様の視 点と期待を顧慮するユニカイハツ・ソフトウェア・プライベート・リミテッドのチームにとって、期待に答えることと最後まで付合うことは、品質と顧客満足が重要な側面です。日本人お客様 が信頼でき、安らぎを感じられるPDCA(Plan、Do、Check、Act)の原則は、ISOの基本的作動原理です。つきましては、その方向に手段を 講じて、ISO 9001:2015を獲得致しました。

ユニカイハツ・ソフトウェア・プライベート・リミテッドの品質方針は以下の画像をクリックしてください。


 

ISO 9001:2015 Certification


2017年4月5日にユニカイハツ・ソフトウェア・プライベート・リミテッドは「ISO 9001:2015」の資格を取得しました。

 

取得した登録書は以下の画像をクリックしてください。


 

プロセス管理 - ISO 9001:2015


ユニカイハツ・ソフトウェア・プライベート・リミテッドはISO 9001:2015の資格をベースに会社全体のプロセス管理をしています。定期的なフィードバックにより随時プロセスの改善をしています。顧客依頼によりプロジェクト単位でのプロセスベースプロジェクト管理も可能です。ユニカイハツ・ソフトウェア・プライベート・リミテッドは顧客満足を目的にしてプロセス管理を改善しており、その一部の要因は下記の通り。

 

 

チーム・パワー


「全体が相乗効果を生む」がユニカイハツ・ソフトウェア・プライベート・リミテッドです。ユニカイハツ・ソフトウェア・プライベート・リミテッドのチーム力の基本はより良い社内コミュニケーションです。ユニカイハツ・ソフトウェア・プライベート・リミテッドの各メンバーは動作の基本方針として、報連相(ホウレンソウ)訓練を受けております。「報告」は上司の指示に対す る正規の報告を意味し、「連絡」は同僚や関係部署などの間で交わされる情報交換・情報共有、「相談」は迷いや困ったことが あっ たときに上級者や専門家に相談し、相談を受ける側も親身に話を聞くことをいう。
弊社のスキル構成と売上構成を以下にご覧ください。


 

従業員内訳


    • 上流工程から導入・運用までできる人財
    • 経験豊富なプログラマ
    •  新人の毎年採用

 


 

日本語能力内訳


    • 日本語能力のある従業員は80%以上
    • 中級(3級)はコミュニケーションができる
    • ビジネスレベルAは仕様書の読み書きできる
    • 翻訳の実績

 


 

業務内容内訳


    • 日本、欧州、インド国内での実績
    • グロバル化, ローカル化の実績

 


 

IT内容内訳


    • 開発・メンテナンス事業が半数以上
    • ソリューション、パッケージ開発の実績

日印橋渡し

メリット


 

実績


    • 過去20年にわたる日本でのビジネスを礎に、日本人の感覚による信頼性・品質・納期・セキュリティを理解
    • 過去4年間は日本向けビジネスが98%
    • 中小プロジェクト(20~100人月)のオフショア・アウトソーシング 実績
    • 2,500人月以上のオフショア・アウトソーシング実績

 

 

教育


    • 日本語学習、日本の習慣/風習の理解
    • 「直訳」ではなく「行間を読む(仕様書理解)」訓練
    • 「顧客満足度」向上の認識

 

 

なぜユニカイハツなのか?